FCC-1KJのスピンシステムを交換してもらいました

     

公開日:2021.02.28

     

先日レビュー記事を書いたクイジナートのFCC-1KJですが、1ヶ月ほど使用していたらスピンシステムの先端部分に亀裂が入っていることに気がつきました。その後、騙し騙し使っていたのですがとうとう破損。当面インスタントとネスプレッソで凌いでいましたが、サポートに連絡してみました。最初は保証は外側のガラスの容器部分のみが対象であり、スピンシステムやフィルター部分は保証の対象外だと言われてビックリ。普通に使っていただけで破損したのに、流石にそれはないだろうと話をしたところ、どこで購入したのか、販売店で対応できるか確認するとかいうよくわからない対応をされて一度電話を切りました。その後サポートから、今回は特別に交換する、その代わり壊れたパーツを引き取らせてほしい旨連絡がありました。念のために破損部分含めてパーツを取っておいたからすぐに対応できたものの、もし壊れたからとパーツ部分を捨ててしまっていたらもっと揉めたかもしれません。その後約1週間後に交換のスピンシステム部分が届いたので、同時に壊れたスピンシステムを宅配業社に渡しました。それ以後は再び快適にコーヒーを淹れて飲むことのできる生活に戻りましたが、こんなケースもあるんだなと、保証の対象にならないパーツもあるということは、何かものを買う時に気をつける必要があるということを考えさせられる一幕でした。

ちなみに、一番交換が必要になるだろうなと思っていたフィルター部分について、サポートに電話した時に確認したところ、まだ商品として流通させてはいないもののメーカーとしても認識していて、2,000円で普通に注文できるそうです。フィルター部分は消耗品だろうと思っていたのでこの点については一安心しました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031