Rakuten UN-LIMITをiPad miniで試してみました

     

公開日:2020.04.14

     

最終更新日:2020.05.06

メイン回線はiPhone 11 Pro MAXのauなのですが、契約はピタットプランで毎月の通信量を抑えるようにしています。それだと普段使いでも使い切ってもっと大きい容量の契約の方が的なことになりがちなので、IIJなどのeSIMも試したことがあったのですが、何せ遅くて個人的に許容範囲外でした。楽天モバイルについては基地局の範囲の狭さもあって全く興味がなく、プランについても全く知らなかったのですが、Rakuten UN-LIMITというものがあり、どうも自分の基地局外だとauのローミングとなるようで、おまけに4/8から月5GBまでは無料になったとか。おまけに300万人までは1年間月額維持費(2,980円/月)が無料。これならメインのau回線ではほとんどデータ通信せず、Rakuten UN-LIMITに逃げられるものは逃げさせれば相当節約できそうだと思い、契約して、本日SIMカードが到着しました。

実は、iPhoneのeSIMで使おうと思っていたのですが、申し込み時によくわからず普通のSIMカードで申し込んでしまい、よくよく調べると物理SIM→eSIMで事務手数料が3,000円発生するとか。そうしようかとも思ったものの、それならiPad mini(5th)で使えばいいかと思い直してさしてみました。

キャリア状況
iPad miniでのキャリア状況

結果あっさり認識、通信もできました。iPhoneからのテザリングも問題なく行けました。APN設定は全部「rakuten.jp」と入れておけばOKらしい。

APN設定

絶賛テレワーク中なのでどこまで使えるのか、auローミングしないで通信できるのはどのあたりなのかなどはボチボチ確認していこうと思いますが、家で少し使った限りでは普通に使えそう。1年間のお試し期間でどうなるか、楽しみです。auなどの大手キャリアの通信料がもっと安くなってくれることの方がいいんですけどね、そちらへの波及効果にも期待です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930