新しいキーボード到着

     

公開日:2020.04.15

     

最終更新日:2020.05.06

自宅ではほぼMacしか利用していないのですが、たまにWindowsを使う家族のため、Logicoolのごく普通のキーボードを持っていました。先月から基本的にテレワークとなり、会社のノートPCを持ち帰って仕事をするときにそのキーボードをつなげて使用していたものの、打鍵感がやはりいまいち。長時間使用していると地味にストレスになる。そこで、必需品だからということでビックカメラに行って色々と打鍵感を試してみたところ、一番良さそうだったのがアーキサイトという会社の、Maestro FLというキーボード。ビックカメラには黒軸、赤軸という2種類のタイプしか展示としては置いていなかったのですが、どうもスピードシルバー軸というタイプがあるらしい。ゲーマー用みたいなのですが、日頃MacBookやらMagic Keyboadなので、キーストロークがあまりなく、軽いタッチのキーボードが良かったのでそれをAmazonで探して購入。で、本日到着しました。

Maestro FL
Maestro FL
CtrlキーとCapsLockキーとを入れ替え
CtrlキーとCapsLockキーとを入れ替え

早速使用してみました。メカニカルキーボードなので、打鍵音はある程度大きめなのは致し方なく、許容範囲ではあります。静かなオフィスだとちと目立ちそうですが、家なら許してもらおう。キーストロークは思っていたよりも深めですが、この辺りは慣れて行けそうな範囲です。個人的にコントロールキーはAキーの横派なので、キートップを入れ替え、ディップスイッチでCapsLockキーと入れ替えて暫くはこれで行ってみます。
しかしテレワークだと意外に出費が嵩むな。。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930