MacBook Pro M1 MAXの修理代金

     

公開日:2022.04.09

     

最終更新日:2022.04.08

2021年11月に購入したMacBook Pro M1 MAXですが、その年の暮れに不注意で飲み物をキーボードにこぼしてしまい、AppleCareへの加入可能期間をギリギリ超えてしまっていたために全額負担で修理に出しました。その後問題なく使用していたのですが、macOS 12.3更新かけたところまさかの文鎮化。再度ピックアップデリバリーで修理に。飲み物をこぼした際の修理内容に関連するとも思えないですが、お祓いでもするべきかもしれません。

macbookpro_repair

で、本題はこのユニファイドアーキテクチャーを採用したM1 MAXの修理代金です。何と165,880円!! ユニファイドアーキテクチャということで、かなり身構えてはいたのですが、想像のはるか上の金額でした。M1アーキテクチャのMacを購入した方には、悪いことは言いません、AppleCareには必ず入った方が良さそうです。

そして先日、macOS 12.3のアップデートがあって適用されたところ、まさかの文鎮化。再度修理に出し、今度も色々と部品取り寄せとかが2回に亘りあったようで、返却まで2週間以上かかり、ようやく本日戻ってきました。その間にmacOS 12.3.1のアップデートが出たのですが、その中に「Some 2021 MacBook Pro models cannot update or restore to macOS Monterey 12.3」という記載が。ピンポイントで踏み抜いたようですね。

関連記事

コメントは利用できません。

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930